審 査 用 紙


ホーム   

コント/人生すごろく



市河:へー、ここが碓氷の家か。思ってたよりも狭いな。

碓氷:しょうがないよ。4畳に6LDKだもの。

市河:それ、一部屋が狭すぎない?

碓氷:慣れればどうって事無いよ。

市河:そんなもんか?
    それにしても・・・・・・・・・・なんか暇だな。

碓氷:暇だな。

市河:何か無いの?

碓氷:『ジップロック』やる?

市河:・・・・・やるも何もあれチャック付ビニール袋じゃん。

碓氷:そっちじゃないよ。

市河:他にあるか?ジップロックって。

碓氷:実況パワフルプロ野球6、略して『ジップロック』だよ。

市河:なんちゅう略仕方だ!無理があるだろ。

碓氷:やる?

市河:ゲームしたい気分じゃないなあ・・・・・他は?

碓氷:『人生すごろく』ならある。

市河:何そのバッタモン。

碓氷:いや、まだやった事無いから面白さは保証できないけど・・・やる?

市河:やる。昼寝するよりマシだし。タダじゃつまらないから、負けた方はジュースおごりな。

碓氷:わかった。じゃあ、じゃんけん。

市河:最初はグー じゃんけんぽん。

碓氷:勝ったー。

市河:じゃ、お前からな。

碓氷:6、6、6、コロ・・・・・「1」か。

市河:そんなもんだよ、すごろくなんて。

碓氷:えーと、
    「ゴールまで進む」
    勝ったー!

市河:おい!ちょっと待て。何だそのマスは?

碓氷:ほら、早くジュース買って来い。

市河:・・・・・よく見たらこれ、1から6まで全部マスの内容一緒じゃん。
    って事は、順番が先の奴が絶対勝つ。何だよコレ、つまんね。

碓氷:負け惜しみは良くないぞ。

市河:今のは製造会社への怒り。なあ、ここ一帯のマスの内容は全部無視しよう。
    じゃないと、すぐ暇人になるから。

碓氷:その代わりもう一回振っていい?

市河:別にいいよ、1だし。

碓氷:コロ・・・・・「3」
    「ゴールまで進む」
    やったー!

市河:待て。話聞いてた?

碓氷:え?なんの?

市河:言っただろ、スタートからの6マスまでの内容は無視だって。

碓氷:いや、耳詰まってたから、あんまり聞こえなくて。

市河:耳かきある?それでお前の耳をかっぽじりたいんだけど。

碓氷:無い。

市河:綿棒は?

碓氷:無い。

市河:じゃ、小指でやれ。

碓氷:小指も無い。

市河:嘘つけ。

碓氷:本当。タンスの角にやられたんだよ。

市河:そんな破壊力ないぞ。しかもそれ足の小指専用じゃんか。
    手の小指はあるだろ?それでかっぽじれ。鼓膜が破けない程度に。

碓氷:うずまき管は?

市河:それもだ。
    はあ、ようやく回ってきたよ。それ。コロ・・・・・「5」
    無視無視。

碓氷:やべ、抜かれた。コロ・・・・・「3」
    「無事に生まれる。初めて喋った言葉は「女房は黙って酒持って来い!」

市河:その赤ちゃん言語能力発達し過ぎ。きっとその家庭、亭主関白どころじゃないな。
    コロ・・・・・「5」また5だ。
    「身長50cm、体重3000gで生まれる。」
    標準的でよかった。

碓氷:まだ続いてるぞ。

市河:えー・・・と
    「その内、頭が40cm、2500g」
    頭でか。

碓氷:赤ん坊の頃はみんな頭がでかいんだよ。

市河:明らかにでか過ぎるだろ。体は大丈夫か?

碓氷:頭の大きさ、ギネスもんじゃん。

市河:嬉しくない。

碓氷:市河結構進んでるな。コロ・・・・・「2」
    「地元の県立高校に入学。柔道部に入り、全国大会で優勝する」

市河:すげーな。よーし、こっちも。コロ・・・・・「6」
    「有名進学校に入学。学年で成績一番で、野球部のキャプテンになる
   、が 続く」
    続いたよ!どうなるの?この先どうなるの?最後の「が」が気になる。

碓氷:お前もいいなー。負けないぞー。コロ・・・・・「5」
    「急いで走っていたら曲がり角で人とぶつかって、お互いに一目惚れした。 右隣の人と結婚する」
    右隣だって。

市河:右隣?

碓氷:右隣。

市河:・・・・・・・・・・オレお前の左に行くわ。

碓氷:何でだよ!

市河:だって男同士じゃん!

碓氷:恋に性別は関係ないだろ!

市河:大有りだ!むしろ一番のポイントだ!容姿端麗だろうが才色兼備だろうが男だったら御免だ!

碓氷:市河、ルールには従え。

市河:やだ。是が非でも無理!

碓氷:背負い投げの出来る嫁なんてそうそういないぞ。

市河:確かにな。谷亮子ぐらいだし。・・・・・でもやだ!それにお前は「嫁」じゃないし!

碓氷:市河、落ち着け!これはあくまでも「ゲーム」の中の話だから。な?

市河:・・・・・・・・・・そうだよな。別に現実のお前と結婚するわけじゃないし。

碓氷:それもあったり。

市河:やめろ。リアルで怖いわ。
    まあ、それはさておき。オレの番。コロ・・・・・「2」
    「浮気が妻にバレて離婚する」
    よかったー。助かったー。

碓氷:じゃ、次―。コロ・・・・・「3」
    「仕事でミスをする 3マス戻る」
    1、2、3・・・で、また
    「急いで走っていたら曲がり角で人とぶつかって、お互いに一目惚れした。 右隣の人と結婚する」

市河:やだ!いくらゲームとはいえ、ここまでしつこい女、いや、男はもっといやだ!

碓氷:仕事も手につかないくらいだったんだよ。

市河:やめろ、そんな事言うの。それに一度会ってるのにまた一目惚れは無いだろ。

碓氷:ま、その辺は妥協して。

市河:あー、こっちもまた離婚してー。コロ・・・・・「5」
    「
    家を建てる」

碓氷:これで一緒に生活できるな。

市河:いや、結婚しても別居のつもりだけど。

碓氷:なんで?夫婦でしょ?

市河:この場合「夫婦」じゃなくて「夫夫」だと思う。

碓氷:あれ?何かそこめくれるぞ。

市河:はがしてみるか。ペリ・・・・・
    「ダイワハウスで
    家を建てる」

碓氷:なんでダイワハウスなんだ?

市河:・・・・・これどっかで見たぞ。

碓氷:ま、いいや。コロ・・・・・「4」
    「家が火事になる 家全焼」

市河:人の建てた家を燃やすな。コロ・・・・・「4」
    「、が頭の大きさが理由でいじめにあい、不登校となる」
    今更続きを出すな!話がややこしくなる。
    ちょっと待て・・・・・オレ今高校生だろ。結婚していいのか?

碓氷:大丈夫。28浪してるから。

市河:どんだけ落ちてんだよ、オレ。諦めろ。

碓氷:う〜ん、結構差つかれてるな。コロ・・・・・「5」
    「子供が生まれる」

市河:おいおいおいおい、ちょっと待てよ!何で男と男の間に命が芽生えるわけ?

碓氷:奇跡が起きたんだよ・・・市河、奇跡が起きたんだ!

市河:いらん奇跡だ。

碓氷:これからは男手二つで育てていこうな。

市河:「男手二つ」って初めて聞いたわ。コロ・・・・・「6」   
 1、2、3、4、5、6!
    「ゴール
                             」
    あーがりっと。

碓氷:うわ、やられた。
    ・・・・・あれ?何かそこめくれるぞ。

市河:まさか。ペリ・・・
    「ゴール
     裏面『人生すごろく 〜男と男の新婚ライフ編〜』に続く」

市河:もうやだー!






アウェイ   

漫才/専門学校



真田:どうも〜エイジアンエイジアンと申します

島村:よろしくお願いします

真田:最近は、色々な専門学校がありますね

島村:確かに、色々あるなぁ

真田:コンビニの専門学校とか

島村:それは初耳だよ

真田:電子レンジ科とかあって

島村:そんなピンポイントなやつ必要ねぇよ!

真田:2年過程ですよ

島村:2年も学ぶ必要ないだろうが、そんなもん

真田:テストとかでも電子レンジ関係の問題がいっぱい出てね
   例えば、肉まんをメーカーB製の400Wの電子レンジで1分温めるとどうなるかみたいな

島村:そんなの出るんかい

真田:で、みんなレンジの遠心力で具が飛び出すとか書いて

島村:どんなスピードで回ってると思ってんだよ!

真田:ひっかけか、とか言ってね

島村:言うか!
   どんだけ常識がないんだよ

真田:他にも、家電の専門学校とかありますよ

島村:それはあるかもね
   こっちの方が、電子レンジについて勉強できそうだし

真田:ただ、こっちは日を重ねていくにつれて、家電になっていきますから

島村:そういう学校!?

真田:卒業する時はみんなパッと見は家電ですからね

島村:とんでもない変貌だな
どういう過程でそうなるんだよ

真田:この学校は、みんな寮生活するんです
   
島村:ほう

真田:夜は、みんな寝静まるじゃないですか

島村:うん

真田:寝静まった後、おじさんが起こさないようにベッドの上で転がして転がして目的のタイプの形にしますから

島村:おじさんが一番大変そうだな

真田:そんで、薄い着色料も塗って、自然に色をつけていくんですよ

島村:自然って言ってるけど、その光景は完全に不自然だぞ

真田:まぁ、こんな裏話もあるんす

島村:どんな裏話だと

真田:まぁ、そんなのとか色々あって、卒業式ですよ
   卒業式はみんな説明書もらって

島村:卒業証書じゃなくて

真田:まぁ、最初は名前の順でアイロンからもらって
   説明書の中身をなんちゃらかんちゃら読むんですよ

島村:そうなの

真田:で、色々呼ばれて
   次はエアコン・・以下同文

島村:説明書が以下同文ってダメだろ!
   その説明書を鵜呑みにすると衣服にエアコンのせなきゃいけなくなるだろうが

真田:で、その後に出てきた掃除機は説明書吸い込んじゃって

島村:せっかくもらったのに吸いこんじゃダメだろ!

真田:校長のカツラも吸っちゃってね

島村:マズイ、マズイ!

真田:でも、その後のマッサージチェアが見事丸くおさめるんだけどね

島村:見事な連携だこと

真田:それで、説明書授与も終わって冷蔵庫とかは自分の体の中に大切にしまって

島村:体の中入れるな!
   キンキンに冷えちまうよ!

真田:その後は、校歌斉唱をするんです
   キーーーーーーン・・

島村:電波音しか聞こえないぞ!
   そこは、MDとかそこらが音を出すべきだろ!

真田:あーる晴れた昼下がり♪

島村:ドナドナかい

真田:ヤマダへ続く道♪

島村:なんかカッコ悪いな!
   多分、ヤマダ電機に納品されるんだろうけど、その歌詞はカッコ悪いわ

真田:で、みんな泣いてるんですよね
   それで、ショートしてるやつも結構いたり

島村:とんだ卒業式だな!

真田:まぁ、そんで色々あったけどもみんな卒業していくわけですよ

島村:卒業と

真田:まぁ、卒業して売れた後も
   ちょっと人間の心が残ってますから迷惑をかけるやつもいるんですよ

島村:例えば、どんな感じよ

真田:冷蔵庫がちょっとダイエットしようとして、ジョギングしたり
してね
   
島村:冷蔵庫がジョギングするんか

真田:ジョギングしたら汗かくじゃないですか
   それで、中のものが汗臭くなっちゃって

島村:それは嫌だな!
   そんなもんヤマダに苦情殺到だよ!

真田:中には家電同士結婚するやつもいてね

島村:なんか異様だけども

真田:やっぱ、家電でも結構尻に敷かれるパターンも多くて

島村:へぇー

真田:カカア電化ですよ、カカア電化

島村:上手い事言わないでいいから!

真田:君もこの学校に入って電化製品にならないか?

島村:なりたくないわ!

真田:ケーズ電化専門学校生徒募集中!

島村:店変わってる!
   もういいよ

二人:どうもありがとうございました
 




審査トップへ戻る


inserted by FC2 system