大谷:こんにちは〜!ついに第4回放送!今回もMCを務めます、グリーンタイプの大谷です!

浜中:同じく浜中です!久しぶりの放送となりました!よろしくお願いします!

大谷:第4回は Group D ということになりました!

浜中:ベテランvs若手という構図が最も如実に現れたブロックである感じがしますね。

大谷:英語の名前が多くてね、八十八さんが浮いてるかのような。

浜中:そんなことはないです!MM-1グランプリでは強豪押しのけ3位!頭1つ抜けていると言っても過言じゃないでしょう。

大谷:僕らは準決勝で台風の目となれずに沈んだ男たちですしね。

浜中:さて、ではネタへ参りましょう!どうぞっ!
 




 

着々と力をつけている若手!
その長いアゴは決勝トーナメントまで届くか!鳴り響けクルックー!


Cloock-Clock


漫才/刑事はかっこいい


山形:はいどーもー。Cloock-Clockでーす。

福井:さぁアゴが長いのが出てきましたよ〜。

山形:ということで今日も頑張っていきましょう。

福井:いや〜突然ですけどもかっこいい職業ってあるじゃないですか。

山形:まぁそりゃありますね。

福井:刑事さんとかかっこいいですよね。

山形:あぁいいですね,刑事は。



山形:ご苦労さん。

福井:あっ。ご苦労様です。

山形:害者はどこだ?

福井:あっちかこっちです。

山形:なんでわかってねえんだよ。ちゃんと把握しとけ。

福井:あぁこっちです,こっちです。

山形:これか。息は?

福井:臭いです。

山形:いやそういうことじゃなくて。してるかしてないかよ。

福井:もう息はしてないです。

山形:そうか。害者の身元はわかってるのか?

福井:えぇ。免許証が近くに落ちていました。

山形:なら色々と教えてくれ。

福井:わかりました。えーと…名前はペンネームゴン太さん。

山形:本名言えよ!なんでお前がそいつのペンネーム知ってんだよ。

福井:本名は高橋権三さんです。

山形:なるほど。他は?

福井:1948年7月18日生まれなんで……えーと…5歳ですね。

山形:・・・お前数学苦手だろ?

福井:えっ?数学ですか?大得意でしたけど。

山形:それがウソにしか思えないくらいのアホっぷりだったけど。

福井:友達や先生から「ある意味史上最強の理数系」と呼ばれてました。

山形:どんな意味の史上最強なんだか…まぁいいや。
   1948年生まれだから…57歳だな。よし。他の情報は?

福井:住所は東京都3番地の201。

山形:・・・え?真ん中ごっそり抜けちゃってない?

福井:テレフォンナンバーは110。

山形:違う所に繋がっちゃうよ。

福井:性格はおっとりかつ大胆系。

山形:なんちゅう性格よ。

福井:口癖は「ピクルス抜いて下さい。」

山形:使う場面限られてくるよね。

福井:特技はドレミの歌の替え歌を作ること。

山形:どんな特技だよ。

福井:というワケで歌います。

山形:別にいいよ歌わなくて。

福井:ドーはドッキリ大作戦大成功のドー♪

山形:すんげえ語呂が悪いよね。

福井:レーはレンコン食べたくて〜レー♪

山形:だから何があるかっちゅう話になっちゃうよ。

福井:ミーは味噌のミー♪

山形:また随分と地味な。

福井:ファーは何かのファー♪

山形:早くもネタに尽きちゃったよ。

福井:ソとラとシはー…

山形:まとめるな!無茶苦茶だわ!そんな歌を害者は歌っていたのか?!

福井:いや。この歌は僕が作りました。

山形:じゃあ歌うなよ!紛らわしいわ!どの情報も全然ダメだな。

福井:違うんだよ。

山形:何がだよ。

福井:俺はこういうのよりも取り調べの方をしたいの。

山形:取り調べ?それを先に言えよ。
   じゃあ俺が犯人役やってあげるからお前は刑事やれ。
   んで俺に色々と問いつめてこい。

福井:OK.OK.



福井:お前がやったんだろ?

山形:俺はやってねえよ。

福井:嘘をつけ。お前が弟を叩いたんだろ?

山形:兄弟喧嘩かよ。そんなちっぽけな争いで取り調べはされませ〜ん。

福井:じゃあお前がアメリカ軍を支配してるんだろ?

山形:そんな権力持ってねえよ。

福井:じゃあお前がオゾン層を破壊したんだろ?

山形:人の力で破壊できるもんじゃありませ〜ん。

福井:じゃあお前があのどしゃぶりの夜に愛しのあの娘を奪ったんだろ?

山形:知るかよそんな話!何があったか知らないけど。

福井:とにかくお前がやったんだろ?

山形:俺はやっ…

福井:カツ丼でも食うか?

山形:タイミング悪いわ!少なくとも俺,今言おうとしてただろ?

福井:とにかくカツ丼食うか?

山形:じゃあお言葉に甘えて食うよ。食います。

福井:よし。じゃあ頼むか。(ピ・ポ・パ プルルルルルル…ガチャッ)
   あっ,もしもし。出前お願いしたいんですけど。カツ丼1つお願いします。
   ・・・はい。カツ抜きでお願いします。

山形:何でだよ!それだとただのどんぶりご飯になっちゃうから!

福井:え?住所?名前?そんなのそっちで調べてくださいよ!!(ガチャッ ツーツーツー)

山形:この展開はカツ丼が届かない展開だな…。

福井:いいから早く食え!

山形:・・・カツ丼まだねえんだよ!何を言ってんだお前は。

福井:・・・オイ。刑事に向かってそんな口聞いていいと思ってんのか?

山形:あっ……すいません。

福井:ちゃんと語尾に「んぱ」を付けて話せ。

山形:・・・とにかく俺は何もやってないんぱ!……何だこれ?

福井:どしゃぶりの夜に奪われた愛しのあの娘の口癖だ。

山形:どんな女なんだよ。忘れりゃあいいじゃねえかよ。

福井:そうだな。忘れるのが一番だな。

山形:何事も前向きにいきましょうよ。

福井:そうだな…ってことでお前がやったんだろ?

山形:どんな話の戻し方よ,それは。

福井:何遍も言っているようにお前がやったんだろ?

山形:だ・か・らやってないって言ってるっしょ?

福井:いつまでもそんなこと言ってて本当にいいのか?

山形:・・・え?

福井:田舎のおふくろさんがたぶん泣いてるぞ。

山形:その若干確信が持てない発言は何なんだよ。

福井:とにかくいいのか?おふくろさんを泣かせたままで?

山形:い,いや……

福井:おふくろさん,悲しんでるんだろうなぁ…。

山形:・・・。

福井:きっと悲しさのあまり…。

山形:・・・わかりました。すいません。
   俺がやりました。俺が犯人です。

福井:そうか。13時17分。犯人介護。

山形:逮捕しろ!介護してどうするんだよ!
   もうやめだやめだ。一番肝心な所間違うようじゃ刑事をかっこいいと思う資格なんてない。

福井:でも1つだけどうしても気になることがあるんだけど。

山形:なんだよ?

福井:いつまで経ってもカツ丼が来ないんだけど。

山形:もういい加減にしろ。

2人:はい,クルックークルックー。どうもあごがとうございました。




 

今大会最短芸暦コンビ!
一気に大躍進を狙う!ビッグな結果を掴み取れ!

BIGHELTHIES


漫才/自己紹介


大嶋:大嶋大輔の大(BIG)と、

吉田:吉田健太朗の健 (HELTHY)をあわせて

二人:BIGHELTHIES(ビッグヘルシーズ)です。よろしくお願いします。

大嶋:まあ初めてなんでね自己紹介でもしましょうか、僕の名前はさきほど言ったように大嶋大輔です。
    時々嶋大輔に間違われるんですけど。

吉田:間違われるわけないだろ!お前リーゼントつけてないし!

大嶋:でもね男の勲章は好きな歌の一つですよ。

吉田:関係ねえよ。自己紹介しろよ!

大嶋:人間で換算すれば23歳です。5月が誕生日です。

吉田:お前犬じゃないんだから普通に23でいいんだよ!

大嶋:だって今年戌年だし年男だもん。

吉田:俺だってお前と同じ年男だよ。話変わっちゃうから話を元戻そう!はい自己紹介続けて!

大嶋:血液型はA型です。まぁA型っていうのはキモいキャラの人からかっこいい人まで居ますから。

吉田:どうでもいいよ。

大嶋:代表的なA型でかっこいい人といえば磁石の佐々木君とか山田孝之君とかね。そういえば佐々木君と山田君似てると思いませんか?

吉田:他人事はいいよ。他に言うこと無いの?出身地とかさ!

大嶋:出身地は名古屋です。名物は世界遺産の東照宮です。

吉田:嘘付け!おまえの出身地は名古屋じゃねえだろ栃木だろ!それに名古屋に東照宮ないし!名古屋城があるんだよ!名古屋の皆さんすいません。

大嶋:♪ジス・イズ・ナゴヤ ジス・イズ・ナゴヤ

吉田:嘘なんだから意地張ってNHK−FMのFMバトルでやってたDR・T土田吉伸の歌を歌わなくていいよ。

大嶋:えーと趣味は読書。本を読んだり、書いたりしてます。

吉田:あとの方は意味が違う!確かに読書の書は「書く」って書くけど。

大嶋:今のダジャレ?

吉田:違うよ。人の話ちゃんと聞けよ。もういいよ俺がやるよ。僕の名前は吉田健太朗です。趣味は・・。

大嶋:♪ちょっと待って 吉田! プレイバック!
(山口百恵のプレイバック PARTUの曲にのせて)

吉田:何だよ今から自己紹介する所なのに!それに山口百恵さんのプレイバックPARTUの替え歌だし。意味がわからねーよ。

大嶋:いい加減にしろ!

吉田:俺の自己紹介もさせずに勝手に終わらすな!まだまだ時間あるよ!

大嶋:自己紹介なんてHP作って教えればいいだろ。

吉田:だったらお前が作れ。それに自分で持ち込んだ話を自分で潰すな。だから俺にもやらせろ自己紹介します僕の名前は吉田健太朗です。趣味はゲーム、ギターを弾くことです。得意な曲目は・・・。

大嶋:「かえるの歌」です。

吉田:だから入ってくるな!ぜんぜん違います。バンプオブチキンの「天体観測」です。

大嶋:いまはバンドだけじゃなく俳優や作家もやってますね。ボーカルの藤原さんは仮面ライダー響鬼にも
    出てますから。「ミックスジュース」も名曲ですね。高い声も御自慢で・・・。

吉田:お前、グレチキとミックスさせてるだろ!そんなにやってないよ。 そんな自慢もないよ。
    グレートチキンパワーズは解散したし、グレチキは二人組だよ!
    それにグレチキはキンキキッズと名前がかぶったんだからグレートチキンパワーズ改名したんだよ。
    わざとバンプともかぶらせるな!そしてもうひとつは「夜空ノムコウ」です。

大嶋:あ〜。野村監督とハマコーさんユニット「ノムコウ」の曲ね。

吉田:スマップだよ!いやだよ!そんなのあったらヒットしなくなる!確かにノムさんの「ノム」とハマコーさんの「コウ」を合わせれば「ノムコウ」だけど。

大嶋:うまい!座布団一枚!

吉田:座布団一枚じゃねーんだよ!だらだらやっててもしょうがない!いい加減にしろ!

二人:どうもありがとうございました




 

今大会3番目に長い芸暦!
見せろベテランの意地!彼らの夢の世界へ!

Dream Land


コント/不審者


吉田だぜ:・・・・・・・・

ウルトラマンさん:・・・・・・・・

吉田だぜ:・・・・・・・・

ウルトラマンさん:・・・・・・・・

吉田だぜ:・・・・・・・・ここ俺の家だよね?

ウルトラマンさん:イエースイエース

吉田だぜ:・・・・・・・・勝手に人の家に侵入してくる人を「不審者」って言うんですよ。

ウルトラマン:イエースイエース

吉田だぜ:・・・・・・・・であなた誰?

ウルトラマンさん:ウルトラマンさんと申します。

吉田だぜ:・・・・・・・・

ウルトラマンさん:あの、千葉県印旛村から都内の平和を守るために転勤して参りましたウルトラマンさんと申します。

吉田だぜ:・・・・・・・

ウルトラマンさん:別名、「ウルトラマンに近い方」なのです。

吉田だぜ:・・・・・・・

ウルトラマンさん:今日からあなたの家を「ウルトラマンさん主催都内崩壊対策秘密基地」として制定します。

吉田だぜ:・・・・・・・・どういう事だかさっぱり分かりませんが、まず大体都内の平和を守るためにこの家を選んだってこと自体がおかしいですよね。

ウルトラマンさん:それにしても暇っすね。

吉田だぜ:おい聞いてるか不審者。

ウルトラマンさん:ミニモニ好きですか。

吉田だぜ:何だよいきなり。

ウルトラマンさん:ちなみに私はマザコンです。

吉田だぜ:だから何だよいきなり。

ウルトラマンさん:和子に会いたいです。

吉田だぜ:お前のおふくろかよ。

ウルトラマンさん:よろしく。

吉田だぜ:よろしく出来ないっすよ。

ウルトラマンさん:しゅわっちしゅわっち

吉田だぜ:何ですかそれ。

ウルトラマンさん:今のはオマケです。

吉田だぜ:・・・・・・・・

ウルトラマンさん:・・・・・・・・

吉田だぜ:・・・・・・・・「ウルトラマンに近い方」ですよね?

ウルトラマンさん:イエースイエース

吉田だぜ:だったらあの必殺技があるじゃないですか。

ウルトラマンさん:何の話ですか。

吉田だぜ:スペシウム光線とか。

ウルトラマンさん:は?何だそりゃ。

吉田だぜ:それじゃあ、「ウルトラマンに近い方」ではないですよね?

ウルトラマンさん:ノーノー冷房の温度は28℃に設定とか、無駄なゴミは出さないとか、コンビニで過剰舗装する奴に冷たい視線を向けるとか。

吉田だぜ:それはただ地球に優しいだけでしょ。

ウルトラマンさん:おっと、そんな奴にはウルトラマンさんチョーーーーップ!(ゴン)

吉田だぜ:痛っ、自分の話に賛同してくれないからって人に当たるのやめて下さい。

ウルトラマンさん:どうだ、めっちゃ痛いだろ。

吉田だぜ:地味に痛いです。

ウルトラマンさん:これが素のウルトラマンさん。

吉田だぜ:だからどうした。

ウルトラマンさん:しゅわっちしゅわっち

吉田だぜ:・・・・・・・・

ウルトラマンさん:・・・・・・・・

吉田だぜ:・・・・・・・・「ウルトラマンに近い方」ですよね?

ウルトラマンさん:イエースイエース

吉田だぜ:と言う事は3分間しか戦えないんですよね。

ウルトラマンさん:は?何だそりゃ。

吉田だぜ:それじゃあ、「ウルトラマンに近い方」ではないですよね?

ウルトラマンさん:ノーノー私は女性と3分間話していると発奮します!

吉田だぜ:何ですかそれ。

ウルトラマンさん:5分間話すと沸騰します!!

吉田だぜ:何ですかそれ。

ウルトラマンさん:そして10分間話すと人類永遠の憧れ、月へと飛び立ちます!!!

吉田だぜ:何ですかそれ。

ウルトラマンさん:ガガーリンさん見てますか〜!!!!

吉田だぜ:おい聞いてるかエイリアン。

ウルトラマンさん:しゅわっちしゅわっち

吉田だぜ:・・・・・・・・

ウルトラマンさん:・・・・・・・・

吉田だぜ:・・・・・・・・やっぱりあなたの存在自体が不謹慎な気がするんですが。

ウルトラマンさん:何言ってるんですか!私は立派な社会人ですよ!!

吉田だぜ:それだよそれ、「ウルトラマンに近い方」を名乗るんなら正義のヒーローの1つでも証明しろ。

ウルトラマンさん:うるさいな!大体人の悪口ばっか言ってて悪いと思わないのか!!勝手に人の家に入り込んで、秘密基地を建てて、あげくの果てにはよもやま話を

吉田だぜ:全部お前の事だよ!その言葉全部くれてやわ!荷物まとめて、印旛村へ帰って、和子とゴロゴロ甘えて来い!

ウルトラマンさん:やかましい!!!俺だって大事な任務があって地球に来てんだよ!!!!逆らう奴なんか無視だ無視!!!!!ヨーダだよ〜だ。

吉田だぜ:最後の何だよお前!

ウルトラマンさん:あ、バイトの時間だ。

吉田だぜ:あるのかよ!

ウルトラマンさん:それじゃあ、夜ご飯はオムライスね♪

吉田だぜ:知るか!

ウルトラマンさん:しゅわっちしゅわっち

吉田だぜ:・・・・・・・・




 

ついにこのコンビが登場!
言わずと知れたローテンション漫才!狙うは頂点ただ1つ!


八十八


漫才/屋根裏部屋


米:どうも八十八です。

寿:「八十八」と書いて「べいじゅ」と読みます。

米:いやぁ、家族っていうのは良いですね。

寿:そうですね。家族あってこその僕達ですからね。

米:優しいお母さん、厳しいけど優しいお父さん、親に反抗してるけど根は優しいお姉さん、その家庭を壊そうとたくらむ佐々岡さん。

寿:誰ですか?一番最後の悪者っぽい人。

米:悪者じゃないですよ。佐々岡さんですよ。

寿:いや、佐々岡さんはわかりましたけど。どういったご関係の人で?

米:我が家の屋根裏に住んでいる中年男性。

寿:居候とかですか?

米:いや、断りも無く勝手に住み着いてる人。

寿:追い出しなさい。警察に通報しなさい。
  なんで何も言わないで住まわせているんですか?

米:いや、一応ビシッっと言いましたよ。

寿:何と言ったんですか?

米:「家賃はしっかり貰うからな。」

寿:住むことは認めちゃったんですか。
  っていうか他人の家の屋根裏部屋に住んでいる人が、家賃を払うほどのお金を持っているかわかりませんけどね。

米:とりあえず、出世払いで契約しました。

寿:仕事していらっしゃるんですか?佐々岡さんは。

米:無職。

寿:じゃ、出世払いも何も無いじゃないですか。

米:いや、ですから、頑張って警察に入り、殉職して2階級特進した所で払ってもらうんですよ。

寿:それはもう出世払いじゃないですよ。遺産相続ですよ。
  っていうか赤の他人の遺産を相続しないでほしいですけれども。

米:まぁ、とりあえずそんな佐々岡さんが、僕達の家庭を壊そうとしているんですよ。

寿:どのようにしてですか?

米:食器洗いしたり。

寿:・・・・・・・。

米:掃除したり。

寿:・・・え?ホームヘルパーさんとかじゃなくて?佐々岡さんは。

米:無職。

寿:でも、家事をこなしてくれているんですよね?それのどこが家庭を壊すことに繋がっているんですか?

米:家事はお母さんの分担って先祖代々伝わってるんですよ。それなのに・・・・。

寿:いや、いいじゃないですか。時代は変わるものですよ。

米:でも、基本的には良い人ですからね。佐々岡さんは。

寿:あぁ、そうなんですか。
  どのような人なんですか?佐々岡さんは。

米:なんか、気持ちが良くなる薬とかくれるし。

寿:ん・・・・・ちょっと危険な香りがしますが。

米:いえいえ、いい香りですよ。吸ったら快感を得て病み付きになっちゃう薬なんですよ。

寿:警察に突き出しちゃいなさい。

米:でも、佐々岡さんは警察に行くことを頑なに拒んでいらっしゃるから・・・。

寿:そりゃ、誰でもそうですが。

米:「警察に行ったら、もう薬物あげないぜ」って言われちゃったら・・・・。

寿:・・・・佐々岡さんが警察に御用になったら、米さんも一緒に捕まっちゃいそうですね・・・・。それは避けたい・・・・・・。
  解りました。佐々岡さんは良い人です。

米:ありがとうございます。今度、佐々岡さんにもらった白い粉をわけてあげますよ。

寿:それはご勘弁願いたい。
  とりあえず、佐々岡さんのことをもっと知りたいので教えていただきたいのですが。

米:そうですね、服はいっつも赤ですね。

寿:うーん・・・・まぁ、佐々岡といいますと広島東洋カープの投手に佐々岡って人がいますから、イメージカラーが赤というのもうなずけますが。

米:一説では、返り血を目立たなくするためだとか。

寿:何をしてるんでしょうね?屋根裏部屋で佐々岡さんは。

米:わかりませんねぇ。僕達一家は、佐々岡さんの言うがままに屋根裏部屋に縄で縛った人を運び、佐々岡さんから変死体を受け取る作業をしているだけですから。

寿:・・・・・・・・確実に殺人的行為をしているようにおもいますが・・・・・。

米:変死体を受け取る際に、佐々岡さんは「この人死んでいるけど、正当防衛だから気にしないで」って言ってますから大丈夫ですよ。

寿:縄で縛られた人に正当防衛を強いられるまで追い詰められる事などないでしょう。

米:なぜかいつも佐々岡さんは無傷ですね。

寿:だろうね。

米:後で永坂さんも微笑んでましたし。

寿:えっ?誰ですか?

米:死体処理班の代表者。

寿:あぁ、そんな班まで組まれているんですか。
  死体処理班ってアレでしょ?隠蔽工作とかするわけでしょ?

米:隠蔽工作及びとどめ担当。

寿:永坂さんは完璧にブラックリスト入りだね。こりゃ。
  もう、そういう事実を知っちゃったからには黙ってられないですよ。警察に通報とまでは言いませんから、佐々岡さんと永坂さんを外に追い出してしまいなさい。

米:その二人を追い出しても、まだ屋根裏部屋には猛者が沢山。

寿:もう全員追い出しなさい。そして即刻その輩と係わっていた事実データをこの世から消し去りなさい。

米:そんな事をしても、山寺さんがすぐにデータを拾い上げますよ。

寿:あぁ、もう続々と出てきますね。で、誰ですか?その山寺さんというのは。

米:僕の家の屋根裏部屋のトイレに引きこもっている情報屋です。

寿:何で屋根裏部屋なんかに使用頻度が低いトイレを作ったんでしょうね、建設関係者は。
  で、何ゆえその山寺さんはそのトイレに引きこもっているんですかね。

米:そのトイレには世界からの情報がドンドンと入ってくるという・・・。

寿:ぅゎ、世界の情報は米さん宅のトイレ中心に回っているんですか。
  一体、あなたの家の屋根裏部屋は何なんですか?猛者が集ったりして。

米:実は、僕の家の屋根裏部屋は天下一武道会の会場なんです。

寿:はい、バーカ。もういいです。

米:腕に自信がある方は、来週の日曜日に僕の家に集うように。

寿:おつかれさまでした。

2人:八十八でした。





浜中:ということで Group D 全てのネタが終了いたしました!

大谷:ネタ順がですね、前半が若手2組、後半がベテラン2組といった感じになりまして。

浜中:これがどう審査に影響しているのかね。

大谷:僕は来週の日曜日に屋根裏部屋に行きたいと思います。

浜中:武道会やってないよ多分!

大谷:さて、それでは参りましょう! 
結果発表!


 

inserted by FC2 system